自毛植毛とは

自分の髪で生きる「自毛植毛」自然に生える髪で広がる新しい人生を

毛髪を移植する自毛植毛

毛髪は、毛包が成長期→移行期→休止期→脱毛を繰り返しながら常に新しい髪に生え替わります。 ところが遺伝的要素により薄くなる場合は、男性ホルモン(テストステロン)が5α還元酵素の影響を受けてジヒドロテストステロン(DHT)へと転換され、レセプターと結合することで毛包が萎縮し脱毛へと至ります。しかし、後頭部や側頭部にはDHTに影響を受けないエリアがあります。このエリアから毛根の組織を切り取り、髪の薄い部分へ移植するのが自毛植毛です。

「自毛植毛」3つの特徴

  • 1.一生負けない髪
    前髪や頭頂部にある毛髪は、脱毛を引き起こすDHTの影響を受けやすいのに対し、後頭部や側頭部から移植した毛髪は、DHTの影響を受けにくい性質を持ったまま薄毛部分に定着するため、生涯にわたり生え続けます。
  • 2.メンテナンスフリー
    移植するのは生きた自毛ですので、特別なケアは不要です。移植後は、普通の髪の毛と同じように、成長しては自然に生え替わるサイクルを繰り返します。
  • 3.自然な仕上がり
    移植は生え際に留意してデザインをするため、元の髪と再生した髪の見分けがつかないほど自然な仕上がりとなります。

自毛植毛とは

自毛植毛説明イラスト

自毛植毛の流れ

自毛植毛の流れイメージ写真

  • step.01ドナー(移植元)の採取と縫合

    適切なドナーエリアを選び、毛包ごと採取した後、縫合します。
    局所麻酔をするので痛みはほとんど感じません。

  • 02.グラフトの作成

    毛包ユニットごとに1本~4本のグラフト(移植片)を作ります。

  • 03.レシピエント(移植先)の形成

    医師が移植先エリアにグラフトを入れるためのスリット(切れ込み)を作ります。

  • 04.グラフトの配置

    スリットにグラフトを配置していきます。

   

薄毛治療にウェルネスが選ばれる理由

  • 男性型脱毛症AGA
  • 女性のお客様
  • よくある質問