植毛SOS-セカンドオピニオンサービス(東京・新宿)「患者視点」から自毛植毛をリコメンド。セカンドオピニオンが推進するファーストオピニオン
        本当に知っておきたい”植毛”事情

「植毛SOS」メール相談 植毛の専門医師にお答えいただきます。
植毛を考えている人 植毛で失敗した人 薄毛で悩んでいる人 もう一度植毛をしたい人 男性型脱毛症の方
植毛への質問 植毛に関する質問などお気軽にご連絡ください

Dr.INTERVIEW

Dr.INTERVIEW

自毛植毛を専門とするドクターのコメントやインタビュー等を不定期ながらご紹介します。

いま、植毛の新たな時代にむけた患者本位の治療とプログラムに取り組む井上浩一先生(アスク井上クリニック)のスペシャルインタビュー。

「植毛Q&A」スペシャルインタビュー

薄毛の治療法として認知されつつある自毛植毛の手術ですが、その手術方法の変化や進歩した部分はあるのでしょうか?また、あるとしたらどのようなところなのでしょうか?

まず、使用する移植片クラフトですが、以前は、単純に必要とする大きさで、分けていましたが、近年はフォリキュラーユニット毛包単位という、毛穴ごとに分けています。これが、毛の器官としての最小単位と考えられるためです。このグラフトを作成する方法も、メスで切り取って、それと分離するFUSSから、より侵襲の少ない、毛穴ごと採取するFUEへと変わってきました。このFUEも電動さらには持続陰圧を用いて、より確実に、より速く手術が可能となってきました。

自毛植毛のクリニックを選ぶ際のポイントはどのようなところなのでしょうか?

これはとても難しい問題ですね、口コミ掲示板などをみてもすべてが信じられるかはわかりません。もちろん参考にはなりますが。ホームページでもおなじです、少なくとも自院のアドバンテージについて理論的に破綻のない、完結している説明なのかをみることは大切です。他のクリニックの批判に終始しているようなところは避けた方が良いかもしれません。また肩書きや症例数、経験年数をアピールしても、よくわからないです。実際、手術というものは、何年経っても下手な人は下手というのが定説です。可能なら、クリニックに足を運んで、その真偽を感じ取るのが良いのかもしれません。

自毛植毛手術におけるセカンドオピニオンについてどうお考えですか?
その価値や必要性などのご意見をお聞かせください。

まず、適切な診断がなされているのかという基本的問題もあります。当たり前なことのはずですが、行われていないことも多いのが現状です。どのような脱毛症なのかによって、どのような手術計画を立てるかも違ってきます。また患者さんの価値観もいろいろあると思いますし、その価値観に、より合致する方法を探すことは大切なことです。

自毛植毛手術において最も重要なこととはどんなことなのでしょうか?

科学的な背景がしっかりしていること、医学的に安全性が高いこと、などは当然として、手術全般に言えることは、職人であり、技術だけでなく美的なセンスがあるか、ということは大切かもしれません。ちゃんと植えれば、ちゃんと生えてくる手術ですが、さらにその上の、美しさや自然さを求めるためには必要なことだと思います。

今後、薄毛の治療法である自毛植毛、また薄毛の治療はどのようになっていくとお考えですか?

もうしばらくは、手術と薬を併用して行くという治療になるでしょう。薬の一つですが、成長因子は一般の薬のような副作用がない点が優れています。
手術で今一番の問題なのは、グラフトの資源の限界です。現状は数が増えているわけではないんです。ここを補えるのは、組織培養により、毛の器官をつくるということになります。材料がふんだんにあるのなら、手術の自由度はとても高まります。

  PAGE TOP

セカンドオピニオンドクターに聞く!

送信完了後、数分以内に確認メールが届きますので必ずご確認ください。

植毛に対する疑問点、不明点、質問等を【疑問・質問】欄にてお問い合わせください。

以下の全ての項目をご入力後、お間違いがないかご確認のうえ「入力内容確認」ボタンをクリックしてください。

必須ハンドルネーム
必須性別
必須E-mail
(半角/例:info@umedabiyou.jp)
必須E-mail (確認用)

(半角/例:info@umedabiyou.jp)
  都道府県
必須疑問・質問

入力内容に間違いがなければクリックして下さい。
タップして下さい。