植毛SOS-セカンドオピニオンサービス「患者視点」から自毛植毛をリコメンド。セカンドオピニオンが推進するファーストオピニオン
本当に知っておきたい”植毛”事情
植毛を考えている人 植毛で失敗した人 薄毛で悩んでいる人 もう一度植毛をしたい人 男性型脱毛症の方
植毛への質問 植毛に関する質問などお気軽にご連絡ください
植毛SOS NEWS

植毛SOS NEWS

『植毛SOS』が注目した関連キーワードニュースを取り上げます。

新聞・雑誌やWebニュースなど、各メディアが報じる「髪」に関するニュースや話題を「植毛SOS」の視点でピックアップしています。

普段見過ごしてしまう「ニュース」にこそ面白さがかくれていると信じ、皆様の話のネタにしていただければ幸いです…。

記事報道
地毛で学校へ行ってはいけない? 女子高生の悲劇

昨年9月、大阪市の公立高校である懐風館高校に通う女子高生に苦い出来事が起こった。女子生徒は生まれながらにして茶髪だったのだが、高校教師がそれを自毛にもかかわらず、黒く染めないと授業を受けることはできない、と生徒を拒絶したのだった。女子生徒は校則に従い、地毛の茶髪を黒くしたものの、再び教員にとがめられ、まだ不十分だ、と黒染めか退学かを強要されたという。
女子生徒は大阪地裁へ訴状を提出し、先月10月末には第一回口頭弁論が開かれた。
今後の裁判の展開にも興味がそそられるが、髪の差別問題とも言えるこの事件に世の中の薄毛の民たちはどのような意見を抱くのだろうか。

-毎日新聞2017年10月28日「髪染め強要訴訟『人格侵害』生徒側訴え 大阪地裁初弁論」より
ライターの一言
髪の多様性に文句をつけるのは如何なものか・・・・・・。だったらハゲはどうなるのか!といってみたくなりますね。
2017.11 ①
世の中のハゲの味方! ハゲにだけ利くホテル割引

北海道函館市にはユニークなホテルがある。このホテルテトラグループの施設では、「ハゲ割り」という珍しいサービスを提供しているのである。
サービスの内容は、スキンヘッドに近い髪型の方を対象に、宿泊費用を1泊あたり300〜500円割引するというものだ。ただ、このサービスはあくまでスキンヘッドに近い髪型の方を対象しているので、サザエさんの波平のような髪型の方にはサービスをご遠慮していただいているという。頭頂部がハゲているだけでは対象にはならないようだ。
「ハゲ割」のサービスが始められたきっかけは、ホテルの清掃業務にあった。排水溝の髪の毛詰まりを取り除くのが面倒だ、という声から、髪の少ない人を呼び込もうとして「ハゲ割」を始めたそうだ。
ちなみに、「ハゲ割」は自己申告制のサービスだということだ。

-毎日新聞デジタル2017年11月6日「薄毛さん割引き、ホテル人気『掃除の手間かからず』」より
ライターの一言
ハゲに優しいサービスですね! でも、自己申告制だと、自分がハゲだと理解している人にしか行きづらいですね。
中には、自分はハゲてない!と現実を直視できない人もいるんですよね・・・・・・。
2017.11 ②
TOPページへ戻る

セカンドオピニオンドクターに聞く!

送信完了後、数分以内に確認メールが届きますので必ずご確認ください。

植毛に対する疑問点、不明点、質問等を【疑問・質問】欄にてお問い合わせください。

以下の全ての項目をご入力後、お間違いがないかご確認のうえ「入力内容確認」ボタンをクリックしてください。

必須ハンドルネーム
  性別
必須E-mail
(半角/例:info@umedabiyou.jp)
必須E-mail (確認用)

(半角/例:info@umedabiyou.jp)
  都道府県
必須疑問・質問

入力内容に間違いがなければクリックして下さい。
タップして下さい。