目立たない縫合術

ウェルネスクリニックグループの自毛植毛は、独自の「目立たない縫合術」を用いて、ドナー採取後の痕を目立たなくしています。

これを目立たないとは言いません。

目立つ傷痕写真Yamamoto K. Hair Transplant Forum Int'l:19(6),185,190-191,2009 より抜粋

一般的な自毛植毛では後頭部から帯状のドナーを採取することで、該当部分へ植毛を行っていきます。採取後の後頭部は縫合され、傷口は完全にふさがります。 しかし、傷はふさがれても、縫合方法によっては、1mm以上の帯状の傷痕が残ってしまうこともあります。後々短い髪形にすることがある場合には、この縫合痕は非常に目立ってしまうこともあり、好きな髪形をすることができなくなってしまうかもしれません。 これでは自毛植毛をした意味が無いと考えられる患者様も少なくありません。

当院の「目立たない縫合術」

当院の目立たない傷痕写真Yamamoto K. Hair Transplant Forum Int'l:19(6),185,190-191,2009 より抜粋

当院では患者様へ「自分の髪を取り戻してもらいたい」という想いのもと、ドナー採取後の傷痕にも最大限の医療技術を注いでまいりました。 「目立たない縫合術」はそのような想いと熟練した医師の技術により独自に開発されたものとなります。

  • 目立つ創目立つ創イメージ
  • 目立たない創目立たない創イメージ

山本一仁.日皮外誌:15(2),140-141,2011 より抜粋

   

薄毛治療にウェルネスが選ばれる理由

  • 男性型脱毛症AGA
  • 女性のお客様
  • よくある質問