傷や火傷あとへの治療

ウェルネスクリニックグループは、傷や火傷あとへの自毛植毛手術を数多く行ってきました。傷や火傷あとも自分の髪で自然な状態にすることが可能です。

ウェルネス・クリニックグループには、ケガや火傷などの傷あとで悩まれて来院される方も多くいらっしゃいます。専門の医師が状態を拝見しないと詳しくはわかりませんが、今までの実績では植毛が可能なケースがほとんどです。通常の皮膚への植毛に比べると髪の生えはじめるのが遅れる可能性はありますが、ほと んどの場合に植毛ができます。特に傷や火傷による髪の悩みを抱えている患者様には、<無料>カウンセリング相談のご利用をお勧めします。

よくあるご質問

ご自身の傷や火傷に植毛ができるのか、費用はどのくらいか、などについてQ&A方式にてご説明します。

  • 傷や火傷あとへの植毛の方法は?
    ストリップ採取法とメスを使わないFUEによる植毛が可能で、植毛方法を選択することができます。
    <ストリップ採取法>
    後頭部や側頭部からストリップ(切除片)を採取し移植する方法です。
    <FUE(Follicular Unit Extraction)>
    メスを使わず直径1mm程度のパンチを使い毛包ユニットをひとつずつ採取し移植する方法です。
  • 傷や火傷あとへの植毛の場合、費用はどのくらいかかりますか?
    費用は植毛方法とグラフト(移植片)数により決まります。
    <ストリップ採取法>
    植毛するグラフト数により異なりますが、20~30万円台が中心となります。
    <FUE(Follicular Unit Extraction)>
    ストリップ採取法に比べると手間がかかるため、ストリップ採取法よりは高めとなります。
  • 対応が難しい傷や火傷のあとはありますか?
    今までの実績では、ほとんどの傷や火傷のあとに植毛は可能でした。
    ただし、症状によっては通常の皮膚への植毛より髪の生えはじめが遅れる場合がございます。
    専門カウンセラーへのご相談は無料になりますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
   

薄毛治療にウェルネスが選ばれる理由

  • 男性型脱毛症AGA
  • 女性のお客様
  • よくある質問