薄毛・脱毛症の治療方法とは|植毛・自毛植毛クリニック

薄毛・脱毛症の治療の医療植毛クリニック

セカンドオピニオンが推奨するファーストオピニオン

本当に知っておきたい“植毛”事情

薄毛治療のインフォームドコンセントが、満足のヘアトランスプラテーションへ誘います。「植毛セカンドオピニオンサービス」は『人』つまりクリニックの視点ではない「患者視点」から育毛や植毛のリコメンドをおこなうサイトです。

傷痕や火傷あとへの治療|植毛・自毛植毛クリニック

薄毛・脱毛症の治療方法

薄毛・脱毛症の原因は様々あり、多くのケースで混在しています。もちろん原因が取り除けるものであれば、それを行うのでしょうが、多くは遺伝であり、また進行性のことも多くあります。これらは治ってしまうということはないため基本は対症療法となります。最も頻度が多い薄毛はやはり男性型脱毛症です。これには最近とても効果の高い薬*が使用できるようになりました。しかし、それでも一時的にある程度毛が戻っても、2年程度で増える効果はなくなり、進行を抑える程度となるのが現状です。従って、永続的に結果を得るためには手術、すなわち自毛植毛*を行い、薬を補助的に使用していくのが最善と考えられるのです。その他の原因であっても、多くは手術と薬の併用が基本となります。

傷痕や火傷あとへの悩みを笑顔に変えてきたアンシェーブンi-SAFEの医療植毛治療""

*フィナステリド:日本でもプロペシアとして処方されます。男性型脱毛症の特効薬ではありますが、時間における効果の減弱、あるいは副作用の問題も長期使用では考える必要があります。

*…日本皮膚科学会による脱毛症治療のガイドライン

5段階評価と治療法

A段階 強く勧められる ミノキシジル、フィナステリド
B段階 勧められる 自毛植毛
C段階 考慮してもよいが、十分な根拠がない 育毛剤(塩化カルプロニウム、tフラバノン、サイトプリン・ペンタデカン、ケトコナゾール)
D段階 根拠がないので勧められない セファランチン
E段階 療法として行わないよう勧められる 人工毛植毛

びまん性脱毛症

頭部の広大な範囲で、均等に頭髪が抜け落ちてしまう脱毛症状。
頭頂部は特に抜けやすく、かなり露出して見えてしまうことが多い。
中高年の女性がよく発症する。
ストレスや遺伝が原因ではないかという仮説が存在する。